国内バイナリーオプション

ビジネスブローカーとは何ですか

ビジネスブローカーとは何ですか

大京アステージ(旧:大京管理)ってどうですか? その3

おっしゃる通りだと思います。マージンをとろうとするのはある意味では管理会社の勝手です。ただし、その勝手は、契約上許されるかというと、私な否と考えます。
なぜなら、(少なくとも私のマンションは)管理契約書の中に「工事に関する支援」という項目あり、合い見積もりの取得はその支援作業に含まれるというのが管理組合の主張でした。大京A社は自社のマージンを取るためにそれを拒否しましたので、当マンションは大京A社との契約を打ち切ることを決定しました。
管理契約の基本として、「マンションの利益に資する業務の実施」は当然であり、法外なマージン取得はマンションの利益にならないのは当然ですので、基本契約理念に反すると考えます。
さらに言うと、管理契約を交わしている以上、そこで管理会社はすでに管理による利益を得ているわけですので、さらにマージンを取る正当性はないと、私は思います。

>>2942 匿名さん
同感。
大京が見積り出してる時点で大京に相見積を依頼する意図が分からない。
適当に高い相見積り出されて、大京の見積りが安いと錯覚させられるだけだな。
仮にそれを大京が引き受けた場合、コンプラ的にどうなんだって思う。

大京アステージは仲介マージン取得業者です、修繕積立金を原資に利益を上げます
マージンは弱い管理組合で35~50%(1000万の工事で400万円収益)
普通の管理組合で20~30%(1000万の工事で250万円収益)

リフォーム産業新聞
お申し込み
ログイン
MENU

マンション計画修繕施工協会
坂倉徹会長
1251号 (2017/02/07発行) 10面

マンション計画修繕施工協会 坂倉徹会長マンション計画修繕施工協会 坂倉徹会長

>>2959 検討板ユーザーさん
どこのメーカーですか? 是非、教えてください!

あとは、施工結果でもめても、施工会社が・・・と言い訳したり。
マンション側は施工会社と契約したわけではないから、直接、指示はできない。
契約は大京アなんだから、下請け施工会社がどう言おうと、請負会社が責任持つべきなのに逃げるとか・・・

>>2975 匿名さん
メーカーが管理会社に見積もりを取る?
誰から誰に対する請求書なんだ?
メーカーと管理会社と管理組合の関係が全くわからん。わかってんのお前だけだ、投稿する前に日本語勉強しなおせ。だからフロントはレベルが低いっていわれるんだよ。

>>2975 匿名さん
やっぱ、えぐい事してますね。確かに管理組合の長期修繕計画書のエレベーターの欄「昇降機」、
異常な数字でしたから分かる。

>>2983 匿名さん
あのさ見積書は日立から管理組合だよな?
だから工事後の請求書も日立から管理組合だよな?何で管理組合の支払先は管理会社なんだ?
日立じゃないのか?
管理組合は管理会社と取引してないだろ?
管理会社は管理組合に請求書発行してないよな?
請求書無しに管理会社が会計業務の流れで3000万円自社口座に振り込むのか?請求書も無しに法人である会社が?

釣りにしてもうまく騙してほしいね。
何で参考になる2なのかな?笑
本人?笑

>>2986 匿名さん
仰る通りですね。管理組合が日立に見積もり依頼をすると速やかに 日立がD社に、いくらD社のマージンを乗せれば良いか指示を仰いでいます。D社のマージンは、
20~50%です。

昔は20%代の時もあったでしょうが
会社は傾いて、今や管理にグループおんぶにだっこ
大京アステージと大京穴吹建設で経費も余計かかります
20~30%だけじゃ2社分の利益には満たないと思いますよ。

>>2992 匿名さん
管理組合がメーカーに直接見積もりをとれば済むのではないでしょうか。
それとも、メーカーから見積りを取れても、D社へのキックバック分を含めた金額となるのですか。

>>2995 匿名さん
ライオンズマンションを建てる時に三菱エレベーターや東芝エレベーターと競合しているので、日立本社の上層部から「D社には逆らうな、管理組合から問い合わせがあれば ビジネスブローカーとは何ですか 超特急でD社にご報告して指示を仰ぐよう厳命されています」ですから許してくださいでした。

大京Gの会社は、名前を聞いただけで最悪な先入観がある。その予感が外れればよいのだが、的中するのである。
デベロッパーお抱えの管理会社であり、無能力者の天下り集団であることがうかがえる。当然、管理会社が大京Gであれば、大規模修繕の施工会社も大京Gとなることが必然となってしまう。これがとても危険なこととなっている。 ビジネスブローカーとは何ですか
大規模修繕中に、所有者の物を破損しておいて、原状回復費用を負担しない。そのことについて、「修繕積立金会計からの支出ではなく、所有者の負担となる。」との繰り返し。正しくは、破損した場合、「修繕積立金会計からの支出」ではなく「所有者負担」でもない、「施工業者が現状回復費用を負担(弁償)する」べきなのであるが全く話にならず。管理会社替えをすべきことは提案するも、組合とズブズブ関係にある。管理会社が、大京Gであれば、即座に変更した方が良い。それが、所有者にとって地獄から抜け出す第1歩となる。

ブローカーとしてやっていくために忘れてはいけない4箇条

「得意分野を知る」
あなたがこの業界に入るきっかけとなった職種は?トレーダー?IB? はたまた ITのチームリーダー?きっかけや得意分野が何であれ、はじめからFXビジネスの全貌を把握することは困難です。そもそも全てを理解すると言ったところで限界があります。ビジネスを始めるからといって、その全てに精通している必要はないのです。プロの助けが必要な分野は、信頼できるプロに委ねれば良いだけのことです。あなた自身に弁護士資格がないのであれば、弁護士を雇えばいいのと同じです。
取引を行う場合や運営方針に関しても同様です。特に初期段階では、自分が理解している範疇でのみ取引を行うことが重要です。例えば、ヘッジをせずにクライアントのポジションを取れる環境を与えられたとしても、その取引に伴うリスクや危険を十分に理解していないのであれば、そのような取引をすることは避けるべきです。理解が不十分な運営方法や戦略については、実施に移行する前に少なくとも必ず専門家等との事前のコンサルテーションを行ってください。

「常識的に考える」
リクイディティプロバイダーやテクノロジー業者、さらにはマーケティング会社から投資家まで、FXビジネスには様々なパートナーが存在します。これらのパートナーからアプローチを受けた際は、慎重に精査し、いかに正しい判断をするかが重要となってきます。ビジネスが失敗に終わる大きな要因の一つとして挙げられるのが、誤った選択です。
個人を対象としたFXビジネスは、倫理の整備が追い付いておらず、大きな危険をはらんでいると言われています。今、この瞬間にも多くの資金が危険にさらされているのが現状です。そこで、正しいパートナーを選択することが、ビジネスの今後を大きく左右することになります。よくわからない人物と関わりを持つことや会社や資金を出口戦略のない状況に晒すことは非常に危険です。まずは、本来の構想に基づいたビジネス基盤を築くことを最優先し、パートナーを選ぶ際は、結論を急がず法務担当者に入念な審査を行ってもらったうえで慎重に判断してください。そして、忘れてはならないのは、あなた自身は法務のスペシャリストではないということです。提携先の選択やそれに付随する諸条件については、単独で判断を下すのではなく、必ず法務部の見解を仰ぐようにしてください。

「計画に忠実に」
入念に練ったビジネスプラン。それを現実にするために行ってきた自己投資。これで、ビジネス始動まであと一歩というところまで辿りつきました。必要項目のチェックリストは、簡潔かつシンプルです。テクノロジーの配備、リクイディティの確保、業者登録、銀行口座開設、マーケティング展開。しかし、いざビジネスが少しずつカタチになってくると、本来の目的からつい意識がそれがちになります。常に当初のプランを念頭に置き、不用意な支出や投資は避けるよう心掛けてください。ビジネスを始める際は、まずは身の丈にあった規模から始めることが賢明です。きちんと本来の目的に集中することによって、おのずと必要なものは見えてきます。

ブローカーとRIA:彼らは同じですか? - 2022 - Talkin go money

Magic World 2012「Magic30年の歴史そしてエンタープライズ・モビリティへ」 (ビジネスブローカーとは何ですか 六月 2022).

ブローカーとRIA:彼らは同じですか? - 2022 - Talkin go money

何が違うのでしょうか?

両者の違いはその目的です。ブローカーにとって、彼らの主な仕事は、株式、債券、ミューチュアルファンド、年金などの投資商品を売ることです。彼らは彼らの製品から手数料と手数料を受け取ることができ、あなたの状況に最も適した製品を選ぶ必要はありません。ブローカーには信任基準がありません。つまり、彼らは彼らが担当している資産の所有者の利益のために行動するとは考えていません。 「彼らには、投資戦略が投資家の目的と手段を満たすことを意味する「適性基準」があります。 "詳細については、 フィナンシャル・アドバイザーの選定:信用度と基準の比較 を参照してください。)

Andrew McFadden、MBA、認定金融プランナー(CFP)とPanoramic Financial Adviceの創設者は、2つの職種の最も重要な違いの1つが標準であると言いました。 「これが意味することは、すべての事例において、RIAは顧客の利益を自分自身の利益よりも高くする必要があるということです」大きな違いは、ブローカーは自分の顧客の利益を自分自身の上に置く必要はないが、自分の財政上の必要性や目的を考えれば、クライアントにとっての「適切な」ものであることを正当化することだけである。ここには、かなり大きな利益相反があります。 "

これらのブローカーは顧客に販売するものに基づいて支払いを受けるため、利害の衝突が存在します。また、ブローカーは、クライアントに信義義務の不足を自動的に開示する必要はありません。つまり、人々は混乱し、RIAとブローカーの両方に同じ義務を負うことになります。 (詳細は、 投資アドバイザーへの支払い - 手数料または手数料 を参照してください)

ブローカーとして働くには、金融業界規制当局(FINRA)シリーズ6またはシリーズ7試験に合格する必要があります。 RIAで働く投資顧問代理人は、Series 65試験に合格しなければなりません。 Series 65試験には、Series 7または66、認定された金融プランナー(CFA)試験、または認定されたFinancial Advisor試験を含むいくつかの選択肢があります。 (詳細は、 トップ3のファイナンシャルアドバイザー資格 を参照してください。)

登録投資顧問会社は顧客に投資について助言します。ブローカーとは異なり、彼らは製品を直接販売していません - あなたが探しているアドバイスを販売しています。 RIA企業は、CFPやCFAなどの財務プランナーを含む投資顧問代理人を雇用しています。(詳細については、 公認財務アナリスト(CFA)と公認ファイナンシャルプランナー(CFP)の違いは何ですか? )

別の違いは、支払い方法です。ブローカーは、顧客が製品を購入するときに、その料金を受け取る。 RIA企業で働く人は、通常、クライアントの投資総額のうちのいくつかを受け取るという2つの方法で支払いができます。つまり、アカウントの成果を上手に投資できます。いくつかのアドバイザーは、投資する資産の額にかかわらず、フラット料金を請求します。彼らは継続的に支払われるので、理論的には、トランザクションが発生したときにのみ支払っているブローカーよりも投資を増やすインセンティブがあります。 (詳細は、 ファイナンシャル・アドバイザーを選んで注文する を参照してください。)

必要なものは、必ず調査をしてください。レビューを読んだり、尊敬する人と話をしたり、ブローカーと登録された投資顧問の違いを認識してください。十分な教育を受けることができれば、あなたにとって最適なオプションを見つける方法を知ることができます。 (詳細は、 財務アドバイザーのショッピング を参照してください。)

ブローカーとしてやっていくために忘れてはいけない4箇条

「得意分野を知る」
あなたがこの業界に入るきっかけとなった職種は?トレーダー?IB? はたまた ITのチームリーダー?きっかけや得意分野が何であれ、はじめからFXビジネスの全貌を把握することは困難です。そもそも全てを理解すると言ったところで限界があります。ビジネスを始めるからといって、その全てに精通している必要はないのです。プロの助けが必要な分野は、信頼できるプロに委ねれば良いだけのことです。あなた自身に弁護士資格がないのであれば、弁護士を雇えばいいのと同じです。
取引を行う場合や運営方針に関しても同様です。特に初期段階では、自分が理解している範疇でのみ取引を行うことが重要です。例えば、ヘッジをせずにクライアントのポジションを取れる環境を与えられたとしても、その取引に伴うリスクや危険を十分に理解していないのであれば、そのような取引をすることは避けるべきです。理解が不十分な運営方法や戦略については、実施に移行する前に少なくとも必ず専門家等との事前のコンサルテーションを行ってください。

「常識的に考える」
リクイディティプロバイダーやテクノロジー業者、さらにはマーケティング会社から投資家まで、FXビジネスには様々なパートナーが存在します。これらのパートナーからアプローチを受けた際は、慎重に精査し、いかに正しい判断をするかが重要となってきます。ビジネスが失敗に終わる大きな要因の一つとして挙げられるのが、誤った選択です。
個人を対象としたFXビジネスは、倫理の整備が追い付いておらず、大きな危険をはらんでいると言われています。今、この瞬間にも多くの資金が危険にさらされているのが現状です。そこで、正しいパートナーを選択することが、ビジネスの今後を大きく左右することになります。よくわからない人物と関わりを持つことや会社や資金を出口戦略のない状況に晒すことは非常に危険です。まずは、本来の構想に基づいたビジネス基盤を築くことを最優先し、パートナーを選ぶ際は、結論を急がず法務担当者に入念な審査を行ってもらったうえで慎重に判断してください。そして、忘れてはならないのは、あなた自身は法務のスペシャリストではないということです。提携先の選択やそれに付随する諸条件については、単独で判断を下すのではなく、必ず法務部の見解を仰ぐようにしてください。

「計画に忠実に」
入念に練ったビジネスプラン。それを現実にするために行ってきた自己投資。これで、ビジネス始動まであと一歩というところまで辿りつきました。必要項目のチェックリストは、簡潔かつシンプルです。テクノロジーの配備、リクイディティの確保、業者登録、銀行口座開設、マーケティング展開。しかし、いざビジネスが少しずつカタチになってくると、本来の目的からつい意識がそれがちになります。常に当初のプランを念頭に置き、不用意な支出や投資は避けるよう心掛けてください。ビジネスを始める際は、まずは身の丈にあった規模から始めることが賢明です。きちんと本来の目的に集中することによって、おのずと必要なものは見えてきます。

【ネットワークブローカー】仕事の成果を決める人脈の作り方

どのように人脈づくりを行えば、僕たちの仕事やキャリアがより良い方向に進んでいくのかということを調べてくれた研究があります。
ノートルダム大学の研究で、アメリカのトップクラスのビジネススクールに在籍した経験のある700人以上の元大学院生を対象に、それぞれのソーシャルネットワークやコミュニティをチェックして、ビジネスで成功する人達はどのような人脈を作っていたのかということを調べています。
具体的には、元大学院生たちのソーシャルネットワークの3つの変数についてチェックしています。

ソーシャルネットワークの3つの変数

変数その1 :ネットワークの中心性(人脈の広さ)

変数その2 :ジェンダー・ホモフィリー(同性間のコンタクトの割合)

変数その3 :コミュニケーションの平等性(強い結びつきと弱い結びつきの割合)

男女で異なる成功する人脈の特徴とは?!

成功する女性の人脈の特徴

まず 女性の場合には、女性同士の間でのやり取りの多い女性は、そうでない女性に比べて2.ビジネスブローカーとは何ですか 5倍も就職率が高くなる ということが確認されています。
人脈の広さを示す値が広く、それと同時に女性中心のネットワークを持っている女性は、人脈の広さが狭く男性中心のネットワークを持っている女性に比べて、2.5倍も就職率が高くなる可能性があるということです。

つまり、 女性は女性同士の付き合いを重要視した方が就職率が高くなる ということです。
とはいえ、全ての女性と仲良くしなくてはいけないということではなく、女性が多いコミュニティの中で、頻繁にやり取りをして仲良くしているのは2人から3人程度で構いません。
その2人から3人を中心に色々な人を紹介したりされたりというコミュニティがあれば、女性の場合は就職率が高くなるし仕事も見つけやすくなります。

男性の場合は人脈が広くなればなるほどリーダーシップを取りやすくなります。
男性は人脈を広げれば社会的ポジションが高くなったりするメリットがありますが、女性の場合には、人を紹介するサポート役のリーダーを目指した方がメリットを得られる ようです。

成功する男性の人脈の特徴

男性の場合はわかりやすくて人脈が広ければ広いほど良い仕事に就けます。
男性の場合は、同性間のコンタクトの割合に関わらず、ネットワークのサイズが大きい人の方が高い地位を得る可能性が高くなる そうです。

女性の場合は身近な仲良くなりたいと思う数人の女性を中心としたネットワークを大切にした方がいい です。
男女で違うので男性も女性もこのあたりに気をつけてください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる