プロが徹底解説

取引別におすすめの通貨ペアまとめ

取引別におすすめの通貨ペアまとめ
そういう意味ではこちらも特徴がある通貨ペアと言えます。

動きが緩やかなので、国内業者のレンジ取引がしやすいという解釈が出来ます。

FX積立とは?おすすめ通貨/FX会社やシミュレーション結果を紹介

FX積立とは?おすすめ通貨/FX会社やシミュレーション結果を紹介

手数料無料は当たり前! 実質的なコストのスプレッドは安ければ安いほどトレーダーには有利に働きます。 低スプレッドを提供しているオススメのFX取扱い業者ランキングや各社のスプレッドで1年間トレードした場合のコスト算出などを掲載しています.

LIGHTFXのバナー

    取引別におすすめの通貨ペアまとめ
  • Huobi Japan(フォビジャパン)の評価・口コミ&おすすめポイント
  • PTS取引のできる証券会社を徹底比較!|株の 夜間取引の仕組み PTSとは?
  • セゾンコバルト・ビジネス・ アメリカン・エキスプレス®・カードの特徴・メリット|年会費無料のシンプルな法人カード
  • 証券口座を複数開設するメリット・デメリット|使い分け方や、おすすめの組み合わせを徹底解説!
  • ビットコインのマイニング(採掘)とは?仕組みや始め方・やり方をわかりやすく解説
  • クラウドファンディング とは?仕組みやメリット・デメリット、種類を比較解説!
  • FXの取引時間は?相場がよく動く時間帯/動かない時間帯も解説!
  • インデックス投資とは?初心者におすすめの商品・やり方をわかりやすく解説
  • 空港ラウンジが無料のクレジットカードランキング!同伴者無料や年会費無料も!
  • インデックスファンドとは?初心者におすすめの銘柄や選び方をわかりやすく解説
  • 資産運用の種類は何がある?初心者向けにリスク/リターンを徹底比較!
  • 資産運用おすすめランキング!初心者が少額から始められる方法も解説

【当サイトについて】
ミンカブChoice(以下、当サイト)は、株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド(以下、当社)により管理、運営されています。 当サイトは金融商品等に関する情報の提供を目的とするものであり、投資および金融商品等の勧誘を目的とするものではありません。

【掲載情報について】
当サイトに掲載されている評価やランキングは、各金融機関等の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容・正確性・信頼性等を保証するものではございません。 口コミの内容はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽・評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 最新情報は各金融機関等の公式サイトにてご確認ください。 『みんかぶChoice』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用・複製・販売・加工・再利用及び再配信することを固く禁じます。 キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。

仮想通貨のペアって何?国内取引所の通貨ペア一覧まとめ!

仮想通貨のペアって何?国内取引所の通貨ペア一覧まとめ!

カネット XXX(表情名入力)

カネット

サトシくん XXX(表情名入力)

サトシくん

モナちゃん XXX(表情名入力)

モナちゃん

カネット XXX(表情名入力)

カネット

仮想通貨取引やFXを行っているとよく聞くのが 「ペア」 という単語です。今回はこのペアという単語について説明していきます。

仮想通貨のペアって何?何が良いの?

ペアとは売買する通貨の組み合わせ

上にも書きましたように、ペアとは 売買する通貨の組み合わせ です。例えば、日本円でビットコインの取引を行うならば、BTC/JPYというペアになります。国内の取引所では日本円のペアをメインに取り扱っている場合がほとんどでしょう。

自分と相性の良いペアは投資がしやすい

通貨ペアは取引所によって違う

ただ、相性の良いペアを見つけることができたとしても、注意しなければならない点があります。それは、 仮想通貨取引所によって扱っているペアが違う ということです。

サトシくん XXX(表情名入力)

サトシくん

モナちゃん XXX(表情名入力)

モナちゃん

サトシくん XXX(表情名入力)

サトシくん

カネット XXX(表情名入力)

カネット

日本の取引所が扱っているペア一覧

ビットフライヤー(bitFlyer)

ビットフライヤーではビットコインとアルトコインの現物取引だけでなく、 「bitFlyer Lightning」 を利用すれば、信用取引と先物取引もできます。

取り扱っているのは ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、モナコイン(MONA)、リスク です。

通貨ペア一覧

日本円建てビットコイン建て
現物取引BTC/JPY
BCH/JPY
ETH/JPY
ETC/JPY
LTC/JPY
MONA/JPY
LSK/JPY
bitFlyer Lightning
(信用取引・先物取引)
BTC/JPY
BCH/BTC
ETH/BTC

ザイフ(Zaif)

取り扱っている仮想通貨のうち主要通貨とされているのは ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、モナコイン、ネム(XEM) の5銘柄です。

他に ザイフトークン(ZAIF)、カウンターパーティー(XCP)、ビットクリスタル(BCY)、ストレージコインX(SJCX)、フィスココイン(FSCC)、ぺぺキャッシュ(PEPECASH)、カイカコイン(CICC)、ネクスコイン(NCXC)、コムサ(CMS) を取り扱っています。

コムサについてはイーサリアムベースの CMS:ETH と、ネムベースの CMS:XEM の2種類の売買が可能です。日本円のペッグ通貨である ゼン(JPYZ) を取り扱っているのも、ザイフのみです。

通貨ペア一覧

取引別におすすめの通貨ペアまとめ
日本円建てビットコイン建て
現物取引BTC/JPY
BCH/JPYBCH/BTC
ETH/JPYETH/BTC
MONA/JPYMONA/BTC
XEM/JPYXEM/BTC
ZAIF/JPYZAIF/BTC
XCP/JPYXCP/BTC
BCY/JPYBCY/BTC
SJCX/JPYSJCX/BTC
FSCC/JPYFSCC/BTC
PEPECASH/JPYPEPECASH/BTC
CICC/JPYCICC/BTC
NCXC/JPYNCXC/BTC
CMS:ETH/JPYCMS:取引別におすすめの通貨ペアまとめ ETH/BTC
CMS:XEM/JPYCMS:XEM/BTC
JPYZ/JPY
信用取引BTC/JPY
MONA/JPY

GMOコイン

取り扱っている仮想通貨は ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコインとリップル(XRP) です。いずれも現物取引と信用取引が可能です。

通貨ペア一覧

日本円建てビットコイン建て
現物取引・信用取引ともBTC/JPY不可
BCH/JPY
ETH/JPY
LTC/JPY
XRP/JPY

ビットトレード(BitTrade)

売買可能なのは ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、モナコイン です。日本円のみ決済可能なもの、ビットコインのみのもの、両方可能なものがあります。信用取引については取り扱っておらず、 すべて現物取引 となっています。

通貨ペア一覧

日本円建てビットコイン建て
現物取引BTC/JPY
BCH/JPYBCH/BTC
ETH/BTC
LTC/BTC
XRP/JPY
MONA/JPYMONA/BTC

コインエクスチェンジ(QUOINEX)

もともと外資系の企業なので、ペアに設定できる外貨が多いのが特徴です。売買可能な仮想通貨は現物取引が ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、リップル、キャッシュ(QASH) です。信用取引はビットコインとイーサリアムのみ可能です。

通貨ペア一覧

取引別におすすめの通貨ペアまとめ 取引別におすすめの通貨ペアまとめ
日本円建て仮想通貨建て
現物取引BTC/JPY
BCH/JPY
ETH/JPYETH/BTC
XRP/JPY
QASH/JPYQASH/BTC
QASH/ETH
QASH/XRP
信用取引BTC/JPY
ETH/JPYETH/BTC

・米ドル(USD)
・ユーロ(EUR)
・オーストラリアドル(AUD)
・シンガポールドル(SGD)
・香港ドル(HKD)
・人民元(CNY)
・インドネシアルピア(IDR)
・フィリピンペソ(PHP)

ビットバンク(bitbank)

取り扱っている仮想通貨は ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップル、モナコイン と平均的です。

通貨ペア一覧

取引別におすすめの通貨ペアまとめ
日本円建てビットコイン建て
現物取引BTC/JPY
BCH/JPYBCH/BTC
ETH/BTC
LTC/BTC
XRP/JPY
MONA/JPYMONA/BTC

ビットポイント(BITPOINT)

取り扱っている仮想通貨は ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップル とやや少なめです。

通貨ペア一覧

日本円建て仮想通貨建て
現物取引BTC/JPY不可
BCH/JPY
ETH/JPY
LTC/JPY
XRP/JPY
信用取引BTC/JPY

みんなのビットコイン

取り扱っている仮想通貨は ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム の3種類となっており、今回紹介する取引所の中では少なめです。

通貨ペア一覧

取引別におすすめの通貨ペアまとめ 取引別におすすめの通貨ペアまとめ
日本円建てビットコイン建て
現物取引BTC/JPY
BCH/JPYBCH/BTC
ETH/BTC
LTC/BTC
XRP/JPY
MONA/JPYMONA/BTC

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)

取り扱っている仮想通貨は ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、リップル、ネム の7銘柄とやや多めです。

通貨ペア一覧

取引別におすすめの通貨ペアまとめ
日本円建て仮想通貨建て
現物取引BTC/JPY
ETH/JPYETH/BTC
信用取引BTC/JPY
BCH/JPYBCH/BTC
ETH/JPYETH/BTC
ETC/JPYETC/BTC
ETC/ETH
LTC/JPYLTC/BTC
XRP/JPYXRP/BTC
XEM/JPYXEM/BTC

サトシくん XXX(表情名入力)

サトシくん

カネット XXX(表情名入力)

カネット

勝てる通貨ペアはどれ?おすすめ通貨と特徴まとめ

勝てる通貨ペアはどれ?おすすめ通貨と特徴まとめ

ドル円解説


まずはドル/円がやはりおすすめです。 理由は 一番情報が多いから 取引別におすすめの通貨ペアまとめ です。

ポンド円は動きが激しいので人気

ポンド円の解説


次に、人気だなと感じるのはポンド/円です。

こちらは情報が入りやすいというよりは上げ幅が利益に繋がるFXにおいて、 ギャンブル性(短期間で大きく儲かる可能性)がある 為、人気の高い通貨ペアです。 一般的に動きが荒いと言われています。

為替相場あるあるで、 イレギュラー的に急に上がった時はバランスを保とうと戻ってくる という特徴を活かして、急に上がった時に、短期取引でLOW(下降)を購入するという攻略がしやすいという面で人気です。 (下がった場合も同じです)

ユーロ/ドルは日本時間の動きが鈍い

ユーロドルの特徴


ユーロ/ドルは、主な通貨ペアの一つですが、日本時間は時差の関係でヨーロッパ圏の人もアメリカの人も寝ています。

国内レンジ取引

そういう意味ではこちらも特徴がある通貨ペアと言えます。

動きが緩やかなので、国内業者のレンジ取引がしやすいという解釈が出来ます。

通貨の基本

ドル・ストレート

ドル・ストレートと書くと、ドルそのものの動き(ドルインデックス)のように思うかもしれませんが、

クロス円について理解を深めよう

ユーロ/円、豪ドル/円など、米ドル/円を除く円と他国通貨の組み合わせをクロス円といいます。 先ほどのドルストレートの円の場合の呼び名です。

SBI証券FXの評判!SBIFXトレードはスプレッドが狭くキャンペーンも豊富?

仮想通貨

FXを始めようとする場合、どこの会社に口座を作ったらいいのか迷いませんか?
FX会社は各社ユニークなサービスを提供していますが、外側からみてもよくわからないという方も多いと思われます。
そこでここでは、数あるFX会社の中からSBIグループ系列の会社に焦点を当て、そのサービス内容を紹介いたします。

1 SBI証券とSBIFXトレードの比較・特徴

1 SBI証券とSBIFXトレードの比較・特徴

[char no=”1″ char=”仮想通貨女子”]手早くSBIFX登録したい方は下記で登録出来ます(無料)
少額1通貨(4円くらい)から取引出来ます
手数料も無料です[/char]

[char no=”1″ char=”仮想通貨女子”]20000円キャシュバックあり!
もちろん登録も手数料も無料
FXについて分からない事は電話やメール、なんとlineでも教えてくれるサポートあり
私もFX初心者だったのでガンガン質問しましたが丁寧に答えてもらえましたよ
DMMFXは初心者におすすめです[/char]

1-1 SBI証券とSBIFXトレード

1.1 SBI証券とSBIFXトレード

2社の比較に入る前に、SBI証券とSBIFXトレードについて説明しておきます。
「SBI証券」は、株式や投資信託、債券などの商品を扱う総合的な証券会社で、そのサービスの一環でFX取引があります。
一方、名称が似た会社に「SBIFXトレード」がありますが、この会社はFX取引を専門に取り扱う会社で、SBI証券と同じグループ系列にありますがまったく別の会社です。
時折、SBI証券が取り扱っているFXサービスをSBIFXトレードと思っている方がいらっしゃいますが、両社は別物ということを認識してください。

1-2 SBI証券とSBIFXトレードのサービス内容比較

1.2 SBI証券とSBIFXトレードのサービス内容比較

1-3 SBI証券は、他社にない通貨ペアが取引できる!

1.3 SBI証券は、他社にない通貨ペアが取引できる!

取扱通貨ペアでは、SBI証券は20通貨ですが、クロス円が充実しています。また以下に記載したように、SBI証券では他社にないマニアックな通貨ペアもあります。 取引別におすすめの通貨ペアまとめ
メキシコペソ/円
シンガポールドル/円
スェーデンクローナ/円
ノルウェークローネ/円
ポーランドズロチ/円

1-4 SBI FXトレードは、1通貨単位から取引ができる!

1.4 SBI FXトレードは、1通貨単位から取引ができる!

SBI証券での取引単位は通常10000通貨単位ですが、ドル/円など5通貨に限っては、「ミニ取引」で1000通貨単位での取引ができます。
一方、SBI FXトレードでは1通貨単位から取引ができるため、少額資金でのトレードに最適です。
仮に1ドル=100円とすると、
1ドル100円=資金4円×レバレッジ25倍
で、4円の資金があれば1ドル分の取引ができることになります。
2社を比較して、少額でトレードができる利便性では、SBIFXトレードに軍配が上がります。

1-5 SBI証券は、レバレッジ1倍から取引ができる!

1.5 SBI証券は、レバレッジ1倍から取引ができる!

SBI証券では、レバレッジを1・3・5・10・25倍の5コースから選択できるシステムで、
初心者のうちは、1~5倍の低レバレッジ・コースを選択して、安全なトレードに徹することができます。
一方、SBIFXトレードのレバレッジは最大25倍となっていますが、実質的な倍率は証拠金の額により変わります。
2社を比較して、トレードの安全性からみると、SBI証券に軍配が上がります。

1-6 SBIFXトレードのスプレッドは、業界最狭!

1.6 SBIFXトレードのスプレッドは、業界最狭!

SBI証券のスプレッドは、ドル/円が0.5銭、ユーロ/円が1.4銭と、他社と比較して特別狭くもなく普通程度の幅とみられます。
一方、SBIFXトレードのスプレッドは、10000通貨までの取引でドル/円0.27銭、ユーロ/円0.39銭、ポンド/円0.89銭など、非常に狭く設定されています。
10000通貨を超える取引ではスプレッドが少し広がりますが、それでも他社と比べると狭いといえます。
2社を比較して、スプレッドの狭さでは、SBIFXトレードに軍配が上がります。
短期トレードなどでは取引回数が多くなるため、スプレッドの幅が損益に大きく影響します。狭いスプレッドは、トレーダーの強い味方になるでしょう。

1-7 SBI証券は、株券担保サービスでお得にFXができる!

1.7 SBI証券は、株券担保サービスでお得にFXができる!

1-8 積立FXは、安全な投資法

1.8 積立FXは、安全な投資法

積立FXは、2社ともにサービスを行っており、その内容は似たものとなっています。
サービス内容は、あらかじめ設定した方針に従って、定期的に通貨を購入し積み立てていくものです。
購入頻度は、毎日・毎週・毎月の3通りから選び、レバレッジも1~3倍の中から選択します。購入した通貨には、スワップポイントが付与されます。 取引別におすすめの通貨ペアまとめ
高金利通貨を保有したいけどトレードが不安という方は、低レバレッジで安全に積み立てができるこのサービスを利用するのもよいでしょう。

1-9 キャンペーン利用で、どんなメリットがある?

1.9 キャンペーン利用で、どんなメリットがある?

キャンペーンは、ほとんどの場合期間限定で実施されますが、2社ともに積極的に取り組んでいます。
そして、最も多いのが新規口座開設関連のキャンペーンです。
このキャンペーンは2社ともに頻繁に実施しており、SBI証券では新規口座を開設して一定数量の取引を条件に、また、SBIFXトレードでは新規口座を開設してログインを条件に現金がもらえるという内容です。
その他、SBI証券では、口座開設者がマイナンバーを早期登録するとポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。
SBIFXトレードでは、積立FXの全9通貨ペアのスプレッドを縮小する「積立FXスプレッド縮小キャンペーン」、新規に口座開設した方が日経チャンネルマーケッツを無料で視聴できる「新規口座開設日経チャンネルマーケッツ無料視聴キャンペーン」を実施しています。
両社ともに、キャンペーンは期間限定で、時期により内容が変わります。
口座を開くなら、新規口座開設のキャンペーン期間にあわせて作る方が恩典を受けることができてよいでしょう。

1-10 両社のアプリはどんな感じ?

1.10 両社のアプリはどんな感じ?

【SBI証券のアプリ】
パソコンの取引ツールは、ブラウザ方式です。
この取引ツールの中で特筆すべきは「総合分析チャート」です。
「総合分析チャート」は、「基本分析」、「形状予測」、「ファンダメンタルズ分析」の3機能を有しています。
「基本分析」はチャート分析を目的としたもので、28種類のテクニカル指標と10種類の描画ツールを使うことができます。
「形状予測」は、過去データから現在のチャートに似た形を探し出して表示するもので、未来の値動きを予測するのに参考となります。
「ファンダメンタルズ分析」は、チャート上に時系列でニュースや経済指標を表示し、どのニュースや経済指標が原因で為替が動いたのか推測できます。
この「総合分析チャート」は、他社にはないSBI証券独自のユニークな情報ツールです。
以上のように、評価が高い「総合分析チャート」ですが、取引画面・ツールは短期取引には向いていないようです。
また、スマートフォン用のアプリがあり、iphone、ipad、Androidスマホ、Androidタブレットで使用可能です。
チャート表示、2画面同時表示、1タップで発注可能などの機能があります。
スマートフォン用のアプリは、以前は少し見劣りしていましたが、適宜バージョンアップを行っているようです。

Internet Explorer11 Microsoft Edge
Mozilla Firefox 最新版
Google Chrome 最新版

macOS 10.13 (High Sierra)

1-11 両社のスワップポイントは高め?

1.11 両社のスワップポイントは高め?

1-12 デモ画面はある?デモからはじめるのもアリ?

1.12 デモ画面はある?デモからはじめるのもアリ?

SBI証券では、以前「SBIFXαデモ取引」という名称のデモトレードがありましたが、2016年5月末で終了し、現在は行っていない模様です。
SBIFXトレードも、デモトレードは取り扱っていません。
ただし、SBIFXトレードでは、新規口座を開設してログインを条件に現金500円がもらえるキャンペーンを実施しているため、この資金を本番で練習用に活用できるとの考えのようです。
この会社では、1通貨単位からの取引ができるため、500円あれば100ドル以上のドルを買い、練習することができます。
そうすれば、取引レートや約定スピードを実感でき、取引ツールの操作も覚えることができると考えられます。

1-13 その他の特徴

1.13 その他の特徴

SBI証券のサイトでは、短時間で楽しくFXの理解を深めレベルを上げるため、FXクイズ形式の「理解度チェックコーナー」を設けています。
SBIFXトレードは、業界でも屈指の狭いスプレッドが売り物です。
スプレッドは、主要経済指標の発表時などに各社とも広がる傾向にありますが、SBIFXトレードは、このスプレッドの配信実績をサイトで公開しています。
また、取引ツールでは、チャート上にポジションが表示されるため、管理がしやすく決済タイミングもとりやすいと考えられます。

2 SBI証券とSBIFXトレードの評判

2 SBI証券とSBIFXトレードの評判

2-1 SBI証券は、取引の安全性・資金の効率性などに好感

2.1 SBI証券は、取引の安全性・資金の効率性などに好感

SBI証券は、スプレッドは普通程度、スワップポイントは高めでそこそこの評価があり、レバレッジを1・3・5・10・25倍の5コースから選択できるため、安全に投資をしたい方にも評判がよいようです。
また、保有株式を担保にFXトレードができる「株券担保サービス」は、資金が効率的に使えることから高評価を受けています。
さらに、「基本分析」、「形状予測」、「ファンダメンタルズ分析」の3機能を有する「総合分析チャート」が便利との評判です。
一方、取引ツールでは、特にスマホアプリに物足りなさを感じている方が結構いらっしゃるようです。

2-2 SBIFXトレードは、狭いスプレッド・取引の透明性などに好感

2.2 SBIFXトレードは、狭いスプレッド・取引の透明性などに好感

SBIFXトレードは、狭いスプレッド、少額の資金に対応できる1通貨単位から可能な取引などの特徴があります。
特にスプレッドは、コストをあまり気にせずにFXに専念できるとして、評価が高いようです。
その他、スプレッドの配信やスリッページ幅の約定状況を開示していることから、取引の透明性が高く、その点でも高評価を受けています。
一方、FX関連の教育情報提供の面では、少し物足りなさを感じる方がいらっしゃるようです。 取引別におすすめの通貨ペアまとめ
また、取引ツールでは、ダウンロード式のリッチクライアント版は充実していると高評価ですが、WEB版はシンプル機能のため、十分な満足が得られていないかもしれません。

3 SBI証券・SBIFXトレードと他社との違い

3 3 SBI証券・SBIFXトレードと他社との違い

SBI証券・SBIFXトレード2社のサービス概要を説明してきましたが、この2社のサービスは他の会社と比較してどうなのでしょうか。
ここでは、FX業界を代表するDMM FXおよびGMOクリック証券の2社と対比してみたいと思います。

  • スプレッドは、10000通貨までの取引では、SBIFXトレードが最も幅が狭い

4 SBI証券とSBIFXトレードをおすすめできる方・できない方

4 4 SBI証券とSBIFXトレードをおすすめできる方・できない方

4-1 SBI証券をおすすめできる方

SBI証券は、
・株券担保サービスでFXができる
・スワップポイントが比較的高い
・取引ツールが短期取引向きではない
・10倍以下の低いレバレッジコースを選択できる
・スマートフォン用のアプリは、特別に評価が高いわけではない
などの特徴があります。

このことから、SBI証券をおすすめできるのは、次のような方と考えられます。
① 株取引や株を保有して運用している方
② 株などの金融商品と組み合わせて、総合的な資産運用を行おうとしている方
③ スワップポイントを獲りながら、FXで長期投資をしようとする方
④ 低レバレッジで安全に長期投資を行おうとしている方

4-2 SBI証券をおすすめできない方

4-2 SBI証券をおすすめできない方

逆に、SBI証券をおすすめできないのは、次のような方と考えられます。
① FXで短期取引を行おうとしている方
② スマホ中心に取引を行おうとしている方

4-3 SBIFXトレードをおすすめできる方

4-3 SBIFXトレードをおすすめできる方

SBIFXトレードは、
・1通貨単位から取引ができる
・スプレッドが非常に狭い
・取引ツールが、パソコン・スマホ用ともに高評価
・スワップポイントが比較的高い
などの特徴があります。

このことから、SBIFXトレードをおすすめできるのは、次のような方と考えられます。
① 初心者で、少ない通貨単位から取引を始めたいと考えている方
② 逆にFXのベテランで、狭いスプレッドを活用してスキャルピングやデイトレなどの短期取引を行おうとしている方
③ 少ない通貨単位で、スワップポイントを獲りながら長期投資を行おうとしている方
SBIFXトレードは、そのサービスの特徴から、初心者とベテラン、短期投資家と長期投資家など相反する人物像が現れました。
このことは、SBIFXトレードが幅広いニーズを受け入れようと、間口を広げていると解釈できそうです。

4-4 SBIFXトレードをおすすめできない方

4-4 SBIFXトレードをおすすめできない方

逆に、SBIFXトレードをおすすめできないのは、次のような方と考えられます。
① FX だけでなく、株などの金融商品と組み合わせて、総合的な資産運用を行おうとしている方
② 教育情報の提供を求めている方

5 まとめ

5 まとめ

現在、国内では多くの企業がFX取引を扱っており、そのホームページを閲覧すると、それぞれ独自の方法で多彩なPRがされています。
私たちはその数多くの会社の中から、1社あるいは何社かに絞って口座を作るわけですが、最終的に選ぶ判断基準をどこに置けばよいかについて悩んでしまう場合があります。
それは、それぞれの会社が得意分野とそうでない分野とを持っており、「あの会社は情報提供に強いが取引のレスポンスがよくない。」、「この会社はスプレッドが狭いが、取引ツールが使いづらい。」など、一律に並べて比較することが難しいためでもあります。

一方、FXに取り組む私たちの方もその能力は多種多様で、「自分は、政治経済情勢に詳しいから長期投資向きだ。」という方もいれば、「私は反射神経がいいからスキャルピングが得意。」という方もおられます。
これらのことを考えると、最終的には自分の能力・適性・志向などにうまく適合するFX会社を選ぶことこそが最も重要だということがわかります。
長期投資向きの方には、情報提供やチャート分析の機能が優れた会社が必要で、また、スキャルピング向きの方には、取引ツールの操作性やレスポンス、約定力などが要求されるでしょう。
したがって、万人共通に適合する優れた会社というものはなく、各個人の個性にマッチする会社を選ぶことがベストな選択なのです。

また、もうひとつ大事なことは、顧客の立場に立ってサービスを提供してくれる会社かどうかという視点です。
FX会社も営利企業のため仕方がない部分もありますが、顧客の利益を考えずに自社の利益のみを追求するような会社がないとは断言できません。
現在のネット社会では、様々なサイトから、FX業界に関連するニュースや企業を判断するためのユーザー評価を集めることが可能です。
それらの情報を参考にした上で、自分で各企業のサイトを直接確認し、最終的に間違いがない選び方をしていただきたいと考えます。

【完全網羅】FX口座おすすめ人気ランキング15選!8つのチェックポイントで徹底比較

「ジャパンネット銀行のFXの評判は?」 「デメリットや注意点があれば確認したい」 「FX初心者が利用するサービスとしてはどう?」 こんなお悩みを抱えていませんか? PayPay銀行(旧ジャパンネット銀 .

3.ノムラFX(野村證券)

ロスカット前に2度に渡りアラートで知らせてくれるため、 大きな損失を生むリスクを抑えられます。 ロスカットとは、 証拠金が拡大しないように、証拠金維持率を割り込んだ時点で保有しているポジションを清算することです。

証券会社によっては、アラートが一度きりだったり、そもそも通知に対応していなかったりすることが多いです。 赤字を生む危険を少しでも減らしたい方 は、野村證券のノムラFXがおすすめです。

\口座開設はこちら/

参考 取引別におすすめの通貨ペアまとめ 野村證券のFX(ノムラFX)の特徴とメリット・デメリットを解説

4.FX PLUS(マネックス証券)

マネックス証券の「FX PLUS」は、AIを用いた取引分析が特徴的です。その人ごとの取引傾向などをグラフ・数値でまとめ、 どのような行動を取るべきかロードマップで提案してくれます 。

さらに上場証券会社ならではの情報力で、経済ニュースやセミナー動画を配信。AI分析や情報提供を頼れば、 初心者でも理論的な取引にチャレンジできる でしょう。

\口座開設はこちら/

参考 【2022年最新】マネックスFXの口コミ・評判をチェック!後継の「FX PLUS」との違いも解説

「マネックスFXの評判はどう?」 「良い口コミや悪い口コミが知りたい」 「マネックスFXはサービス終了?後継は?」 マネックスFXの利用を検討している方にとって、実際に利用している方の口コミや評判が気 .

5.取引別におすすめの通貨ペアまとめ DMM FX

あり(DMM FX

スプレッドは、低ければ低いほど投資家にとって有利にはたらきます。普段はスプレッドが高くて手を出しづらいマイナー通貨でも、 キャンペーンを狙えば挑戦しやすくなる でしょう。

口座の開設手続きは最短1時間で完了するので、 今すぐ「取引を始めたい!」とモチベーションが高い方 は、ぜひDMM 取引別におすすめの通貨ペアまとめ 取引別におすすめの通貨ペアまとめ FXを活用してみてください。

\最大200,000円キャッシュバック中/

参考 【初心者必見】FXを始めるならDMM FXがおすすめ!メリット・デメリットや口座開設の手順を開設

「DMM FXの特徴は?」 「どんなメリット・デメリットがある?」 「DMM FXの申し込み方法や入金方法が知りたい」 このような悩みにお答えしていきます。 FX会社の中でも「DMM FX」は知名度が .

6.外為どっとコム

外為どっとコムの最大の特徴は、 積立投資に限り1通貨から外貨を購入できること。 日本円での価値は通貨により異なりますが、例えば米ドルなら100数十円程度で外貨を持てます。

積立方式なので中長期的な投資が前提となります。しかし少ない資金から取引できるので、 初心者でもFXにチャレンジしやすい でしょう。

\口座開設はこちら/

7.GMOクリック証券(GMOグループ)

口座開設月の翌々月までに取引した通貨数に応じて、キャッシュバックを受けられます。最大キャッシュバックは、 5億通貨の取引で30万円 取引別におすすめの通貨ペアまとめ です。

\最大300,000円キャッシュバック中/

参考 【取引高No.1】GMOクリック証券の良い・悪い評判とは!メリットや口座開設方法を解説

「GMOクリック証券の評判は?」 「初心者でも利用しやすい?」 「いくらから取引できる証券会社なの?」 GMOクリック証券は、2005年に設立したFX会社です。 スプレッドの狭さや機能が豊富な取引ツー .

8.みんなのFX(トレイダーズ証券)

あり(みんなのFX

46万口座以上
(2022年2月時点、「LIGHT FX」と合算)

米ドル/円:0.2銭 取引別におすすめの通貨ペアまとめ
(大量発注は固定対象外)
ユーロ/円:0.4銭
ポンド/円:0.8銭

「みんなのFX」と「LIGHT FX」は、どちらもトレイダーズ証券が運営しているFX口座です。運営会社が同じであるため特徴はほとんど重なりますが、みんなのFXでは特に 口座開設までのスピーディさと付随サービスの数が魅力的 です。

FXのみならず、 取引別におすすめの通貨ペアまとめ 様々な取引スタイルを楽しみたい方 は、みんなのFXを活用しましょう。

\口座開設無料/

参考 【完全網羅】みんなのFXの評判や口コミとは!7つのメリットや3つのデメリットを徹底解説

「みんなのFX使ってみたいけど、メリットやデメリットが気になる」 「始める前に納得してから申し込みたい」 「実際に使っている人の評判はどうかな?」 このようなお悩みに答えていきます。 業界最狭水準のス .

9.LIGHT FX(トレイダーズ証券)

米ドル/円:0.2銭
(大量発注は固定対象外)
ユーロ/円:0.4銭
ポンド/円:0.9銭

「みんなのFX」と同じ運営会社が運営しているFX口座です。 「 LIGHT FX」がおすすめなのは、 スワップポイント狙いのFX取引をしたい方。

LIGHT FXみんなのFX
メキシコペソ/円91円71円
南アフリカランド/円81円71円

\口座開設はこちら/

10.LION FX(ヒロセ通商)

あり(LION FX

LION FXで口座を開設するメリットは、多くの通貨ペアの取引に対応していること。一般的には多くても30程度の通貨ペアを扱っていますが、LION FXでは50ペアに対応しています。

その国の状況ごとに為替の価値は変わるので、 通貨ペアの選択肢が多いほど複数の取引スタイルを使い分けられる でしょう。

通貨ペアの多さ、 使いやすいよう常に改善されるツールを求めている方 は、ぜひLION FXを試してみてください。

\口座開設はこちら/

11.外貨ex byGMO(旧:YJFX!・ヤフー系FX事業)

米ドル/円:0.2〜4.0銭
ユーロ/円:0.5〜6.0銭
ポンド/円:1.0〜10.0銭
(時間帯により異なる)

外貨ex byGMOで口座を開設すると、 FX取引とバイナリーオプション にチャレンジできます。バイナリーオプションは、為替の動きを「上がる」「下がる」の二択で選び、正解すると払い戻しを受けられる取引スタイルです。

提携の金融機関を使えば、リアルタイム入金にも対応。 ポジションを持ちたいと思った時にすぐ入金 でき、チャンスを逃す心配を減らせます。

\口座開設はこちら/

参考 【徹底調査】外貨ex byGMO(旧:YJFX!・ヤフー系FX事業)の良い評判・悪い口コミ!メリット・デメリットまで解説

「YJFX!(ヤフー系FX事業)の口コミや評価はいい?」 「メリットだけでなくデメリットも気になる」 「特徴や独自のツールも教えて!」 ヤフーFX時代から長らく愛され続けている、外貨ex。 最初に使っ .

12.LINE FX(LINE)

あり(LINE FX

米ドル/円:0.2〜3.6銭
ユーロ/円:0.5〜10.0銭
ポンド/円:1.0〜12.0銭

LINE FXは、サービス開始から2年で40万口座開設と、 驚異的なスピードで成長しているFX口座 です。メッセージアプリのLINE傘下の会社が運営しています。

LINE公式アカウントに登録すれば、お試しで通知を受け取れます。 LINEユーザーの方、外出先でも最新情報をキャッチしたい方 は、LINE FXをぜひ活用しましょう。

\最大55,000円オトク/

参考 【必見】LINE FXの評判や口コミ|5つのメリットや3つのデメリットを徹底解説

「LINE FXに興味があるけど口コミや評判はどうかな?」 「メリットやデメリットを知ったうえで始めたい」 「キャンペーンの情報についても知りたい」 こんなお悩みにお答えします。 コミュニケーションツ .

13.SBI FXトレード(SBIグループ)

米ドル/円:0.09銭 ~0.8銭 取引別におすすめの通貨ペアまとめ
ユーロ/円:0.3銭 ~1.70銭
ポンド/円:0.69銭 ~2.70銭

SBI FXトレードでは、 FX以外にも様々な取引に対応しています。

SBI FXトレードで取引するメリットは、 1通貨からの取引ができること。 米ドルなら1ドル、ユーロなら1ユーロからと、少ない資金でFXに挑戦できます。

\口座開設無料/

参考 SBI FXトレードの評判・口コミ|他社と比べたデメリットも正直に紹介

「SBI FXトレードは初心者にも向いている?」 「他社と比べてどんな特徴があるの?」 「利用者の評判は悪くない?」 こんなお悩みを抱えていませんか? SBI FXトレードは、オリコン顧客満足度調査の .

14. FXブロードネット

FXブロードネットでは、 トラッキングトレードという自動売買システム を提供しています。自動で取引タイミングを判断してくれるので、チャート分析や市場の知識がない方でも安心してFXの取引を始められます。

FXの取引に自信がない方は、 FXブロードネットのトラッキングトレードが大きな頼りとなる でしょう。

\口座開設無料/

参考 【徹底調査】FXブロードネットの良い評判・悪い口コミ|メリット・デメリットまで解説

「FXブロードネットって正直どう?」 「自動で取引できるって本当?」 「特徴やメリット、デメリットをちゃんと知りたい!」 FXの自動化ツールが有名な、FXブロードネット。 自動で利益をあげられるなら挑 .

15.MATSUI 取引別におすすめの通貨ペアまとめ FX(松井証券)

松井証券のMATSUI FXが気になったら、 まずはデモ取引サイトやYouTubeのセミナー動画 を参考にしてみてください。

\最大500,000円キャッシュバック中/

参考 松井証券FXの評判|口コミからわかるデメリットや注意点も正直に紹介

「松井証券のFXが利用価値のあるサービスか知りたい」 「知らないと損するような注意点はある?」 「これからFXを始める初心者にも向いている?」 こんなお悩みを抱えていませんか? MATSUI FXは、 .

FXの口座を開設する際にチェックすべきポイント

1.キャンペーン内容

例えば「口座を開設して5万円以上入金すると、最大10万円円のキャッシュバック」のようなキャンペーンです。期間限定の開催が多いため日程をよく調べ、キャンペーンへの参加を迷う際はスピーディな決断が大切です。

しかしWebサイトや広告では、但し書きは目立たないよう書かれていることが多いです。「最大30万円」と書いてあっても、 あくまで条件を満たした際の最大金額であり、全員が30万円もらえるわけではない ので注意しましょう。

2.チャートの使いやすさ

しかしチャートが使いにくいと、 理論に基づいた判断が難しくなり、将来予測の精度が落ちてしまいます。 自分に合ったチャートを使える口座を選ぶため、次の点を参考にしましょう。

例えば楽天証券のFX口座なら「チャート画面について」などを参考にしてみましょう。

3.スマホ取引への対応状況

パソコンを持っていない人、外出先から取引したい人にとって スマホ取引が便利 です。口座の運営会社によっては、スマホでもパソコンと同じレイアウトの画面しか表示できません。

4.取引コストの有無

取引をするためにあらゆる手数料が発生します。ほとんどの手数料を無料としている口座が多いですが、 会社の方針によって対応に差があるので注意 しましょう。

5.通貨ペアの充実度

ご自身が取引したいと思っていた通貨ペアに対応しているか、事前に確認しておきましょう。さらに口座で対応している通貨ペアが多いほど、 取引内容の選択肢が増えるメリット があります。

一方でハイリスク・ハイリターンな取引で利益を狙いたい方は、 新興国の通貨(マイナー通貨)への対応状況 を比較するようにしましょう。

6.最小取引単位

通貨ペアを購入できる最小単位は、口座ごとに変わります。FXに投じられる資金が少ない方は、 最小取引単位が小さな口座 を選びましょう。原則として、取引単位の最低数が少ないほど、少額の資金で取引を始められるためです。

7.レバレッジの倍率

レバレッジとは、 実際の金額よりも大きな規模でお金を動かせる仕組み のことです。

例えば基本的には、1ドルあたり100円なら、1万円の資金で100米ドルを取引できます。しかしレバレッジが25倍効いていると、 1万円で25倍の2,500米ドル取引できる のです。

<レバレッジの算出方法>
(現在の為替レート×取引数量) ÷ 証拠金(自己資金)= レバレッジ

ただしレバレッジが高いほどハイリスクな取引となるので、予想と逆の値動きをした場合に大きく損失を出す可能性があります。 初めての口座開設では国内の会社を利用すると安心 です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる