暗号資産オプション取引の基本

ETFのメリット

ETFのメリット
スマートフォンアプリ「iSPEED」とPC用ツール「マーケットスピード」には、株価チャートの表示やニュースの閲覧、様々な注文機能をご利用いただけます。
対象商品:米国株式 引用元:楽天証券 公式サイト

米国株(アメリカ株)初心者におすすめ!ETF投資のメリットを解説

米国株 ETF

米国株への投資の中でも、ETF(上場投資信託)は少額から投資ができると初心者に人気があります。「ETFは投資信託で比較的安全な投資らしいが、リスクはないのだろうか」と、疑問に思う方もいるでしょう。ETFは投資であるため、まったくのノーリスクとはなりません。しかし、ETFには様々な魅力があります。 今回は米国株投資初心者にEFTが向いている理由や、セクターごとのETFを紹介します。この記事を読めば米国株投資でETFがなぜ人気なのか、理由もわかるでしょう。

米国株のメリットとは

米国株のメリットといえば、少額からの取引が可能な点です。1株からでも買えるため、少額投資をしたい方にはうってつけでしょう。日本株の場合は100株や1000株単位で取引されるので、購入資金も多く必要ですが米国株にはその心配はありません。安い株であれば、数万円から投資をはじめられるのは大きなメリットでしょう。

米国株投資におすすめの証券会社ランキング

米国株取引の代表3社

とくにマネックス証券の米国株をみると銘柄数は4297(2021年9月13日時点)もあります。投資をはじめたいと思うなら、上記の3社が有力な選択肢になるでしょう。

マネックス証券ロゴ

SBI証券ロゴ

楽天証券ロゴ

DMM株ロゴ

PayPay証券ロゴ

米国株のETFとは

米国株は世界中で取引が開始されていますが、取引額も最も多いといわれています。そのなかでもETF(上場投資信託)は人気があります。 ETFは株を売買するのと同じ手法で取り扱われますが、内容は投資信託なので間違えないようにしてください。米国のETFではNYダウ、S&P500などの株式指数と連動しており、ベンチマークにのっとる形でプロが資産運用をしています。

米国ETFが初心者におすすめの理由

米国株の銘柄数は現時点でも6000株を超えているため、初心者には選ぶときのハードルも高めです。個別に購入して分散投資することも可能ですが、一つひとつの銘柄を調べるのは手間がかかりますし、購入数がどうしても多くなってしまいます。 その点ETFであれば、テーマ選定のみで投資が可能なので、あまり銘柄に詳しくなくても心配ありません。1株からでも始められることも、十分な資金力のない初心者には魅力でしょう。

米国のETFは日本円で購入できる?取引時間は?

アメリカのETFはドルに変換する手間がいらず、日本円でも購入が可能です。口座を開設した証券会社を仲介するので、取引時間内であればいつでも売買が可能な点も魅力のひとつでしょう。しかしすべてが円で買えるわけではありません。日本円で買えるETFは、銘柄に対して種類や数が決まっている点には注意しましょう。

米国ETFは円とドルのどちらで購入すべきか

ETFをどちらの通貨で買うか迷ったときには、ドルで買ってみましょう。円とドルで資産を分ければ、リスクを分散することが可能です。また日本円で買うときのように、為替手数料も気にする必要はありません。 さらにETFの中には円では買えない銘柄も存在しますので、混乱しないためにも初心者はまずはドルで購入すべきといえるでしょう。

米国ETF投資におすすめの証券会社

楽天証券の米国ETF投資

楽天証券:海外ETFのメリット

楽天証券のETFでは、銘柄数の多さや買付手数料の低さが人気です。とくに銘柄数は国内でも最多の344(2021年10月2日現在)本を取り扱っています。買付手数料自体が無料になるETF銘柄もあり、選択肢の幅が広いのもメリットのひとつです。 また楽天証券ではNISAの口座に限り、買い付け手数料がバックする仕組みもあります。手数料を0円にしたいなら、楽天証券はぜひ候補に入れておきましょう。

スマートフォンアプリ「iSPEED」とPC用ツール「マーケットスピード」には、株価チャートの表示やニュースの閲覧、様々な注文機能をご利用いただけます。
対象商品:米国株式

引用元:楽天証券 公式サイト

マネックス証券のETF投資

マネックス証券の米国株

マネックス証券の人気の秘密は、豊富なサービスメニューにあります。たとえば時間外でも取引が可能、逆指値・トレール注文などの注文方法がある、銘柄の分析ができる、米国株の専用アプリがある、などです。 また楽天証券には及ばないものの、手数料の安さも選ばれる秘密でしょう。注文方法が多彩で相場を見続ける必要もなく、リスクが分散できるため初心者のユーザーも多くいます。 マネックス証券の口座開設はこちら

SBI証券の米国ETF投資

SBI証券 米国株取引

SBI証券もまた手数料の安さが魅力の証券会社です。最低手数数が0円に設定されており、上限は22ドルと初心者でも利用しやすいでしょう。ETFの買付手数料も、一部限定(VT・VTI・VOO・SPYなど)で無料です。 またSBI証券では、住信SBIネット銀行経由で購入した場合、手数料0円でSBI証券へ入金可能です。米国株専用のアプリも用意されているので、初心者でも投資が始めやすいのはメリットでしょう。

米国ETF(アメリカETF)における3つの特徴

米国ETFにおける3つの特徴

  • リアルタイムで取引できる
  • リスクを分散できる
  • 低コストで運用できる

リアルタイムで取引できる

通常の投資信託では、夜になってから基準価額が適用されます。そのため注文をしたタイミングでは、約定代金がはっきりしないという欠点があります。しかしETFであれば、株式の取引と同じようにリアルタイムで利用できるのはメリットです。約定価格をその場で知ることができるため、こちらも初心者向けといわれる理由でしょう。

リスクを分散できる

投資信託では、多くの銘柄にポートフォリオが組み込まれています。金融商品が組み合わさることで銘柄1つに限定して購入するよりも、リスクの分散がしやすいのも特徴です。通常の米国株なら選ぶのも大変 でしょう。しかしETFなら1本で分散投資をしているので、通常の米国株と比べてもリスクの分散がしやすいといえるでしょう。

低コストで運用できる

ETFはインデックス指標を対象としており、信託報酬=経費率も安く設定されています。通常の投資信託と比べてみても安くなっています。信託報酬はETFを保有している間常に発生するため、それが安いことは長期保有を考える人には特ににメリットとなるでしょう。低コストで投資をはじめたい方にも、ETFはおすすめです。

ETF市場が成長する背景

米国ETFは品揃えが豊富

日本でもETFの取り扱いはありますが、アメリカほどではありません。日本では200本ほどしかないETFでも、アメリカではその10倍ほどの取り扱いがあるからです。アジアやヨーロッパ諸国でも、株価指数と値動きが連動するETF、ITに特化した株価指数に連動するETFなどが登場しています。 またバイオ関連・水関連など、特定の商品に連動するETFも多くなっており、自分のイメージにぴったりのETFが見つかるでしょう。

米国株のETFを選ぶ3ポイントとは

米国株のETFを選ぶ3ポイント

  • 経費率は安いか
  • 流通量は多いか
  • ポートフォリオが投資スタイルに近いか

経費率は安いか

ETFを選ぶ際に一番気になるのが経費率です。経費率を簡単に説明すると、ETFなどの投資信託の純資産総額に対する割合を指します。アメリカのETFは投資信託と比べてみても、経費率は低くなりやすいといえるでしょう。なぜなら販売会社への手数料が発生せず、インデックスに投資するため、銘柄の選定なども必要ないからです。 もしはじめてETFを利用するなら、経費率ができるだけ安い銘柄を選びましょう。しかしドルで買う場合、為替手数料が発生することは覚えておきましょう。

流通量は多いか

ETFは株式と同じように、リアルタイムで取引を完了できます。しかし恩恵を受けるためには、毎日の出来高がなるべく高い銘柄を選ぶ必要があります。そのため流通量の多さはETFで外せない要素です。出来高が少ない銘柄を選んでしまえば、取引のベストなタイミングも逃してしまうでしょう。

ポートフォリオが投資スタイルに近いか

高配当利回り銘柄でおすすめのETF3選

配当利回りは聞き慣れないかもしれませんが、購入した株価に対しての配当(一年間)の高さを指します。高配当利回りの銘柄であれば、配当金も比例して高くなるため選ぶ基準となるでしょう。以下に高配当利回りの銘柄の選び方を解説します。

【分配金12.8%】世界高配当株ETF「SDIV」メリット・デメリットーそもそも大丈夫?|米国ETF

SDIV title

QYLD全力太郎ことQ太郎です。 米国市場の週間連続下落も、先週やっとストップしました。 S&P500は .

https://hikou.syowp.com/ewz/

バックテストによるリスク・リターン

SDIV CHART

SDIV CHART2

ちなみに全米株式ETFのVTIのばらつきが14%、Nasdaq100ETFのQQQが16.5%だとすると、SDIVは20%と、かなりの高ボラティリティです。景気敏感セクターがたっぷり入っているので、それなりにジェットコースターですね。

分配金推移

SDIV DIVIDED

分配金の推移ですが、下落傾向にあります。とくに2020年のコロナショックを境に、大きく落ち込んでしまっていますね。長期的には厳しいものがあるかもしれません。

国内株式と米国株式を機動的に運用する方法とは?

書店で一番売れているETF本の最新版 『改訂新版 ETFはこの7本を買いなさい』(朝倉智也著)が、2月16日に発売。 投資先進国米国で、ほぼ毎年のように2桁成長を続けている注目の金融商品ETF(上場投資信託)。現在の純資産残高は約683兆円。 一方、日本のETFの市場規模は2021年4月末で約60兆円。しかし、日本でもETFを投資の選択肢に入れる人が着実に増えている。 特に注目度が高まっているのが海外ETFだ。(1)低コスト、(2)機動的な取引ができる、(3)分配金を受け取りながら運用できる、(4)究極の分散投資ができる、など多くのメリットがあるETF。 本連載では、長期投資やETFに興味がある人に向けて、そもそもETFとは何か、その賢い選び方・買い方、資産運用としてのETFとの付き合い方などについて、同書から一部を抜粋して公開する。

国内株式と米国株式を機動的に運用する方法とは?

Photo: Adobe Stock

「身近な日本株と米国株で運用したい」という人は、どうする?

【下図表】をご覧ください。国内上場のTOPIX連動型ETFは候補がたくさんありますが、比較すると図表の一番目「iシェアーズ・コア TOPIX ETF」(ブラックロック・ジャパン)の信託報酬が0.06%と最も低く、出来高も純資産も十分な水準です。

国内株式と米国株式を機動的に運用する方法とは?


拡大画像表示

ポートフォリオに国内株式を組み入れたい方は、この「iシェアーズ・コア TOPIX ETF」を活用していただくのがよいのではないかと思います。

国内株式と米国株式を機動的に運用する方法とは?


拡大画像表示

改訂新版 ETFはこの7本を買いなさい

◎書店で一番売れているETF本の改訂新版! ◎「お金持ちになりたかったら、お金の勉強から逃げてはいけない!」 と中田敦彦氏が大激賞! ◎米国では年率2ケタの成長率で伸びている注目の金融商品。 ETFのメリット ◎日本でも特に注目度が高まっているのが海外ETF。 ◎(1)低コスト、(2)機動的な取引ができる、(3)分配金を受け取りながら運用できる、(4)究極の分散投資ができる、など多くのメリットがあるETF。 ◎投信評価会社モーニングスターのトップが、注目の金融商品ETF(上場投資信託)の何がすごいのか、その選び方・買い方、運用法をわかりやすく解説する入門書の決定版!

【ETF分析】VYMって何?年平均リターンや配当金、構成銘柄徹底分析

ETF

  • 金融系企業に重点を置く米高配当ETF
  • 直近10年の年平均リターン13.42%
  • 直近10年の年平均配当金は3.74%
  • セクターtop3:金融(20.29%),ヘルスケア(15.45%),生活必需品(13.44%)
  • 保有銘柄top3:ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)(3.23%),エクソンモービル(2.77%),JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー(2.65%)
  • 経費率0.06%
  • 配当金、成長性ともに高い。
    成長の果実を受け取りながら、配当金でお小遣いも定期的に受け取れる。
    配当金再投資すればさらに資産はさらに伸びる

プロフィール

名称
カテゴリー Large ETFのメリット Value
ファンド Vanguard
経費率 0.06%
資産総額 44.595×10億ドル
前日終値 101.70
年初来リターン -7.05%
2021年利回り 3.07%
52週レンジ 98.63-115.66
52週高値からの騰落率 -12.07%
現在の相場感 調整局面

一般的に、52週間の最高値から
10% 以上の下落:調整局面
20% 以上の下落:弱気相場といわれています。

よくHDVと比較をされますが、
VYMは成長性が若干高く
HDVは配当金が若干多い 印象です。

VYMの構成銘柄

セクター構成比

名称 パーセント 更新日付
金融 20.29 2022-07-03
ヘルスケア 15.45 2022-07-03
生活必需品 13.44 2022-07-03
エネルギー 10.06 2022-07-03
資本財 9.92 2022-07-03
情報技術 8.36 2022-07-03
公共事業 7.27 2022-07-03
一般消費財 6.23 2022-07-03
コミュニケーションサービス 4.40 2022-07-03
素材 4.15 2022-07-03
不動産 0.02 2022-07-03

保有銘柄構成比

ETFのメリット
ティッカー 名称 数量 金額 パーセント 更新日付
JNJ:US ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J) 8.33百万 1.49十億 3.23 2022-07-03
XOM:USエクソンモービル 13.39百万 1.29十億 2.77 2022-07-03
JPM:US JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー 9.28百万 1.23十億 2.65 2022-07-03
PG:US プロクター・アンド・ギャンブル(P&G) 7.60百万 1.12十億 2.43 2022-07-03
CVX:US シェブロン 6.12百万 1.07十億 2.31 2022-07-03
HD:US ホーム・デポ 3.30百万 999.56百万 2.16 2022-07-03
PFE:US ファイザー 17.65百万 935.98百万 2.02 2022-07-03
LLY:US イーライリリー 2.68百万 839.83百万 1.81 2022-07-03
BAC:US バンク・オブ・アメリカ 22.48百万 836.27百万 1.80 2022-07-03
ABBV:US アッヴィ 5.58百万 822.88百万 1.78 2022-07-03
etc その他 77.04 2022-07-03

VYMの利回り

VYMの配当金は年に○○回でる。

過去10年の配当金は?

ETFのメリット ETFのメリット ETFのメリット ETFのメリット ETFのメリット ETFのメリット
日付 価格 配当金 利回り
2012-03-26 35.26 0.33 0.93
2012-06-25 33.99 0.37 1.09
2012-09-24 37.45 0.40 1.08
2012-12-20 37.27 0.49 1.32
2013-03-22 40.75 0.36 0.89
2013-06-24 41.76 0.42 1.00
2013-09-23 44.35 0.44 0.99
2013-12-20 47.10 0.53 1.13
2014-03-24 47.96 0.40 0.84
2014-06-23 51.73 0.48 0.92
2014-09-22 52.65 0.47 0.89
2014-12-18 54.40 0.56 1.03
2015-03-23 54.90 0.46 0.84
2015-06-26 55.02 0.56 1.02
2015-09-23 50.42 0.53 1.05
2015-12-21 53.69 0.60 1.12
2016-03-15 55.63 0.48 0.86
2016-06-21 58.47 0.58 0.99
2016-09-13 59.20 0.48 0.82
2016-12-22 64.14 0.67 1.04
2017-03-22 65.61 0.56 0.85
2017-06-23 67.05 0.60 0.89
2017-09-20 69.48 0.60 0.87
2017-12-21 74.18 0.64 0.87
2018-03-26 71.88 0.61 0.85
2018-06-22 73.74 0.63 0.85
2018-09-26 77.13 0.67 0.87
2018-12-24 65.95 0.74 1.12
2019-03-25 76.17 0.65 0.86
2019-06-17 78.10 0.62 0.80
2019-09-24 80.80 0.79 0.97
2019-12-23 86.52 0.78 0.ETFのメリット ETFのメリット 90
2020-03-10 73.99 0.55 0.75
2020-06-22 74.79 0.84 1.12
2020-09-21 76.00 0.70 0.ETFのメリット 93
2020-12-21 86.28 0.81 0.94
2021-03-22 96.04 0.66 0.68
2021-06-21 100.69 0.75 0.75
2021-09-20 100.16 0.75 0.ETFのメリット 75
2021-12-20 106.55 0.94 0.ETFのメリット 88
2022-03-21 110.90 0.66 0.60
2022-06-21 100.78 0.85 0.84

平均価格 配当金 利回り
2012 35.99 1.59 4.42
2013 43.49 1.75 4.02
2014 51.68 1.91 3.70
2015 53.51 2.15 4.02
2016 59.ETFのメリット 36 2.21 3.72
2017 69.08 2.40 3.47
2018 72.18 2.65 3.67
2019 80.40 2.84 3.53
2020 77.76 2.90 3.73
2021 100.86 3.10 3.07

過去10年の配当金の平均利回り(年)は 3.74% です。

このページは2022-06-30に更新しました。 VYMを過去10年間のデータを用いて毎月積立シミュレーション 積立した場合、配当金を年次ごとにいくら受け取れるかも計算 配当金を再投資した場合と受け取った場合はどれ.

【分配金12.8%】世界高配当株ETF「SDIV」メリット・デメリットーそもそも大丈夫?|米国ETF

SDIV title

QYLD全力太郎ことQ太郎です。 米国市場の週間連続下落も、先週やっとストップしました。 S&P500は .

https://hikou.syowp.com/ewz/

バックテストによるリスク・リターン

SDIV CHART

SDIV CHART2

ちなみに全米株式ETFのVTIのばらつきが14%、Nasdaq100ETFのQQQが16.5%だとすると、SDIVは20%と、かなりの高ボラティリティです。景気敏感セクターがたっぷり入っているので、それなりにジェットコースターですね。

分配金推移

SDIV DIVIDED

分配金の推移ですが、下落傾向にあります。とくに2020年のコロナショックを境に、大きく落ち込んでしまっていますね。長期的には厳しいものがあるかもしれません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる